マネジメントの生みの親であるドラッカーから、

経営の本質を学びます。

    

仕事の哲学 |P・F・ドラッカー

仕事の哲学
仕事の哲学
posted with amazlet on 06.06.06
P・F・ドラッカー 上田 惇生
ダイヤモンド社 (2003/08/01)
売り上げランキング: 16,240
おすすめ度の平均: 4.38
5 何かに負けたとき
5 ビジネス・バイブル
4 英語のオリジナルも併せて載せて欲しい

【私の評価】 ★★☆☆☆:時間とお金に余裕があればぜひ


■著者紹介・・・P.F.ドラッカー

 1909年生まれ。大学卒業後、経済記者として働きながら、
 国際公法の博士号を取得。ロンドンで保険会社のエコノミスト、
 投資銀行のパートナー補佐などを経験。
 渡米し、44年GMより同社のマネジメント研究を依頼され、
 46年「会社という概念」に結実。
 50年ニューヨーク大学教授に就任。54年現代の経営を発表。
 以降、経営に関する書籍を数多く発行し、経営学の権威。
 2005年95歳で永眠。

●ドラッカーといえば、マネジメントという言葉を世に広めた
 人であり、経営の観察者として鋭い目を持っていると思います。

 本書は2003年にドラッカー氏の依頼により名言集として
 まとめられたものであり、2005年に氏が亡くなったことを
 考えればドラッカーの思想のまとめともいえるでしょう。

 ・成果をあげるには、自らの果たすべき貢献を考えなければ
  ならない。手元の仕事から顔をあげ、目標に目を向ける。
  組織の成果に影響を与える貢献は何かを問う。
  そして責任を中心に据える。(p45)
  「経営者の条件

●ただ、名言集であるがゆえに、
 断片的な思想が切り取られている印象で、
 本当のドラッカーを感じるためには、
 引用先の本書を読むべきであるとの感じを受けました。

 ・起業家精神とは、気質ではなく行動である。(p98)
  「 イノベーションと起業家精神

●ドラッカーを知らない人には、入門書として良いと感じましたので、
 ★2つとします。

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・不得手なことの改善にあまり時間を使ってはならない。
  自らの強みに集中すべきである。無能を並みの水準にするには、
  一流を超一流にするよりも、はるかに多くのエネルギーと努力を
  必要とする。(p59)
  「明日を支配するもの


 ・選択肢を前にした若者が答えるべき問題は、正確には、
  何をしたらよいかではなく、自分を使って何をしたいかである。(p73)
  「断絶の時代


 ・上司の言動、些細な言葉じり、癖や習慣までもが、
  計算をされ意図された意味あるものと受け取られる。(p126)
  「マネジメント


 ・時間の活用と浪費の違いは、成果と業績に直接現れる。
  知識労働者が成果をあげるための第一歩は、
  実際の時間の使い方を記録することである。(p189)
  「経営者の条件


▼引用は、この本からです。
「仕事の哲学」P.F.ドラッカー、ダイヤモンド社(2003/8)¥1,470
【私の評価】 ★★☆☆☆:時間とお金に余裕があればぜひ

     

【P・F・ドラッカーの経歴】
1909年生まれ。

大学卒業後、経済記者として働きながら、国際公法の博士号を取得。 ロンドンで保険会社のエコノミスト、投資銀行のパートナー補佐などを経験。

渡米し、44年GMより同社のマネジメント研究を依頼され、46年「会社という概念」を発表。

50年ニューヨーク大学教授に就任。54年「現代の経営」を発表。

以降、経営に関する書籍を数多く発行し、経営学の権威。

2005年95歳で永眠。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら