マネジメントの生みの親であるドラッカーから、

経営の本質を学びます。



ドラッカー20世紀を生きて―私の履歴書 |ピーター・F. ドラッカー

ドラッカー20世紀を生きて―私の履歴書ドラッカー20世紀を生きて―私の履歴書
ピーター・F. ドラッカー
日本経済新聞社 刊
発売日 2005-08
価格:¥1,470(税込)




ドラッカー、生き様を語る 2005-11-16
本書は、日経新聞で掲載された「私の履歴書」を本にしたものです。「私の履歴書」は全て切り抜いて保存していたのですが、本になったことで買ってしまいました。本書を読みながら、その時々の著作を併せて眺めると、より各著作でドラッカーが何を訴えたかったのかをより理解することができました。あと、ドラッカーの年表、著作一覧が付いていたのは嬉しかったです。私はドラッカーファンなので、未購入の本があるかどうかを調べるのに役に立ちました。ドラッカー追悼記念として、「ドラッカー全集」をどこかの出版社が出してくれることを期待します。


■続きを読む


この記事は2006/6/4に作成しました。

【P・F・ドラッカーの経歴】
1909年生まれ。

大学卒業後、経済記者として働きながら、国際公法の博士号を取得。 ロンドンで保険会社のエコノミスト、投資銀行のパートナー補佐などを経験。

渡米し、44年GMより同社のマネジメント研究を依頼され、 46年「会社という概念」を発表。

50年ニューヨーク大学教授に就任。54年「現代の経営」を発表。

以降、経営に関する書籍を数多く発行し、経営学の権威。

2005年95歳で永眠。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら