マネジメントの生みの親であるドラッカーから、

経営の本質を学びます。



新訳 イノベーションと起業家精神 |P.F. ドラッカー

新訳 イノベーションと起業家精神〈上〉その原理と方法新訳 イノベーションと起業家精神〈上〉その原理と方法
P.F. ドラッカー
ダイヤモンド社 刊
発売日 1997-11
価格:¥1,575(税込)




重複するのが気になる 2003-10-04
上ではイノベーションの7つの機会を中心にかかれており読みやすく、新規事業を起こしたいと考えている人にとってはぜひとも読んでほしい本。ただ何を言えば7つの機会のうちギャップを利用するとニーズを利用するの区別がつきにくい、実践上は問題ないと思うが、気持ちとしてしっくりこない。その分だけ減星。


■続きを読む


この記事は2006/6/4に作成しました。


【P・F・ドラッカーの経歴】
1909年生まれ。

大学卒業後、経済記者として働きながら、国際公法の博士号を取得。 ロンドンで保険会社のエコノミスト、投資銀行のパートナー補佐などを経験。

渡米し、44年GMより同社のマネジメント研究を依頼され、 46年「会社という概念」を発表。

50年ニューヨーク大学教授に就任。54年「現代の経営」を発表。

以降、経営に関する書籍を数多く発行し、経営学の権威。

2005年95歳で永眠。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら