マネジメントの生みの親であるドラッカーから、

経営の本質を学びます。



変革の哲学 |P・F・ドラッカー

変革の哲学変革の哲学
P・F・ドラッカー
ダイヤモンド社 刊
発売日 2003-08-28
価格:¥1,470(税込)




再学習のための「チェックリスト」として使っています 2004-12-20
 ドラッカーを知ったのは15年くらい前です。それから、古典と呼ばれるものと新刊をあわせて数十冊の著作を読みました。最近になって、過去読んだ本を全てもう一度読みたいと思うことがありましたが、量に圧倒されてしり込みしていました。
 2000年以降、過去の膨大な著作を再整理した、「はじめて読むドラッカー 」シリーズや、この「ドラッカー名言集」シリーズ(「仕事」、「経営」、「歴史」、「変革」の4部作)がでていますが、どれも私にとっては新鮮です。特に、この「名言」シリーズは、1冊目を通すのに1時間ほどしかかからないのに前に読んだ様々な本を立体的に思い出させてくれます。再学習には効率がいいですね。今回は、新しいテーマに取り組む中で、自分の思考空間が縮小してしまっていないかどうかチェックするために「変革」を選んで読んでみました。いくつか思い出したり再発見できたことがありました。
 ただし、このシリーズだけ読んだ場合は、得るものが限定されてしまいそうです。


■続きを読む


この記事は2006/6/4に作成しました。

【P・F・ドラッカーの経歴】
1909年生まれ。

大学卒業後、経済記者として働きながら、国際公法の博士号を取得。 ロンドンで保険会社のエコノミスト、投資銀行のパートナー補佐などを経験。

渡米し、44年GMより同社のマネジメント研究を依頼され、 46年「会社という概念」を発表。

50年ニューヨーク大学教授に就任。54年「現代の経営」を発表。

以降、経営に関する書籍を数多く発行し、経営学の権威。

2005年95歳で永眠。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら