マネジメントの生みの親であるドラッカーから、

経営の本質を学びます。



断絶の時代―いま起こっていることの本質 |P.F. ドラッカー

断絶の時代―いま起こっていることの本質断絶の時代―いま起こっていることの本質
P.F. ドラッカー
ダイヤモンド社 刊
発売日 1999-09
価格:¥2,940(税込)




ドラッカーの出発点 2003-03-20
私は30年前、学生時代に読みました。
当時、某大学の電子工学科の学生であった私にとって、専門外ともいえる本書を理解できようはずも有りません。
(元々、商学部の兄が読み終えたものを貰った本です)
しかし読み終えた時に大きな衝撃を受けたのを覚えています。
ここに書いてある事は本当なのだろうか? と。私にとっては未来の予言書のようなものでした。
しかし今、まさに時代は本書のとおりなのです。しかも、まだまだ現在進行形です。
このときから私はドラッカーファンになってしまいました。
社会に出てからも日本で発売されているドラッカーの本は殆ど読みました。
一貫した考え方は全てこの本に基づくと言っても過言ではないでしょう。まさにドラッカーの出発点、原点言えるものだと思います。


■続きを読む


この記事は2006/6/4に作成しました。

【P・F・ドラッカーの経歴】
1909年生まれ。

大学卒業後、経済記者として働きながら、国際公法の博士号を取得。 ロンドンで保険会社のエコノミスト、投資銀行のパートナー補佐などを経験。

渡米し、44年GMより同社のマネジメント研究を依頼され、 46年「会社という概念」を発表。

50年ニューヨーク大学教授に就任。54年「現代の経営」を発表。

以降、経営に関する書籍を数多く発行し、経営学の権威。

2005年95歳で永眠。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら