マネジメントの生みの親であるドラッカーから、

経営の本質を学びます。



「イノベーターの条件―社会の絆をいかに創造するか」 P・F・ドラッカー

はじめて読むドラッカー“社会編” イノベーターの条件―社会の絆をいかに創造するか
P.F. ドラッカー Peter F. Drucker 上田 惇生
ダイヤモンド社 (2000/12)
売り上げランキング: 29,674
おすすめ度の平均: 4.2
5 40年たっても新鮮な香りのする宝物のような論文の数々
4 なぜ彼は「社会」について論じたのか!!
4 変化する社会はなぜ変化するか、どのように変化してきたか


いずれの組織も,自らの目的を明確に規定するほど強くなる。自らの成果を評価する尺度と測定の方法を具体化できるほど,より大きな成果をあげる。


●目標を具体的に決め、情報を集め、具体的な計画を立てると、物事は実現します。


●実際にこれをやってみると、目標を具体的に決めることはなかなか厳しいことが分かります。目標を決めれば実現するのですから、実行と同じくらい難しいのかもしれません。


イノベーターの条件―社会の絆をいかに創造するか」 P・F・ドラッカー

【P・F・ドラッカーの経歴】
1909年生まれ。

大学卒業後、経済記者として働きながら、国際公法の博士号を取得。 ロンドンで保険会社のエコノミスト、投資銀行のパートナー補佐などを経験。

渡米し、44年GMより同社のマネジメント研究を依頼され、 46年「会社という概念」を発表。

50年ニューヨーク大学教授に就任。54年「現代の経営」を発表。

以降、経営に関する書籍を数多く発行し、経営学の権威。

2005年95歳で永眠。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら